リブは肋骨、あばら骨を意味する言葉です。牛肉の部位でリブと呼ばれるのは、リブロースのことを言う場合が多いといえるでしょう。背中の肉のことを指すロースのうち、腰から肩にかけての場所をリブロースと呼ぶいっぽう、肩から頭にかけてのロースは肩ロースと呼ばれており、この二つの部位を合わせてロースと呼ぶのが一般的です。

キケンな食事制限 2:脂肪分が少ない | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

山形牛のリブロースも、やはり最も美味な部位のひとつとされています。リブロースはロースの中でもあばら骨周辺の部位であり、赤身にほどよい脂肪分が合わさったバランスの良い部分であると同時に、ロース肉のなかで最も厚みのあるカットが可能な場所でもあります。ですからいわゆる分厚いステーキをカットして食べようと思ったら、リブロースが最も適していると言えるかも知れないのです。さらにリブロースの特徴として、脂身がサシ、すなわち霜降り状となって入っていることが多いため、通常の脂身ではない美味しさを堪能することが出来るという魅力があります。脂身が細かく網目状になっている霜降り肉は、好みが分かれるとは言え、やはり牛肉の美味しさを語る上でなくてはならないものと言えるでしょう。そういう意味ではサーロインや肩ロースと並んで、リブロースの霜降りはきめが細かく肉質も良いため、人気の高い部位となっているのです。

ビタミンB群をとろう! - ダイエットピンキー

山形牛のリブロースも、赤身肉の味わいと、霜降り状の脂質のバランスが程よいばかりでなく、お肉の柔らかさにおいても優れていますから、上質でとろけるような味わいを楽しむことも出来ます。コクや風味があるということから肉質は最高で、味付けや料理法はあっさりとしたものでも充分と言えるでしょう。先に述べた厚切りステーキはもちろんのこと、ローストビーフ、あるいはスキヤキやしゃぶしゃぶといった牛肉の王道料理にも最適で、実際市販されている、多くの高級スキヤキ肉や高級しゃぶしゃぶ肉といったものは、リブロースを使用していることが多いようです。

米沢牛 通販

料理のバリエーションに対応し、価格も他の稀少部位に比べれば安価であることが多いリブロースは、まさに庶民の味方でありましたが、一部では定義が曖昧なロースという言葉を使い、通常リブロースとは呼べない部分もそう表記する業者が一部で見受けられるようです。素人が切り身となった牛肉を、見た目で見分けることは用意なことではありませんから、やはり信頼できるお店や業者を見つけておくことが重要と言えるかもしれません。